私の忘備録

Just another WordPress site

室内犬の熱中症 対策ってどうすればいいの?

   

cb6727d15d44373e0e063ced332f9a1e_s


ここ何年かの猛暑というのは、
急激に暑くなったり、また長く暑い日が続いたりして異常ですよね。

そのような暑さのために、
熱中症になってしまい病院に運び込まれたりする人や、
時には命を落としてしまう人も増加傾向にあります。

こういった事は何も人間だけの出来事ではありません。


人間にとってもきつい暑さというのは、
当然ですが犬にとっても厳しい状態なのだということです。


その中でも、かなりの時間部屋の中で過ごさざるを得ない室内犬に関しては、
熱中症の危険性が高くなってしまって極めてハイリスクだといえます。

飼主がきちんと大切な家族の一員である犬を熱中症から守りましょう。



スポンサードリンク



◆犬の熱中症において注意しておきたい点



犬の熱中症において注意しておきたい点があります。
それは体温です。

人については体全体に汗腺があります。
ですから発汗することによって体温を管理することが可能となります。

ところが、犬の場合においては足の裏にのみ汗腺が存在するのです。


・じゃぁどうやって犬は体温調節しているの?


犬の場合、汗腺による発汗で体温調節するのではなく、
気温が上がり体温が高くなるとハァハァとベロを出して呼吸を行ないます。

運動した後なんかそういった光景をよくみかけますよね。

そうやって唾液を蒸散させることによる気化熱によって、
熱を放出して体温を下げようとするわけです。


また、犬には全身に毛が生えています。
そのため人が暑いと思うよりも犬は暑さに見舞われいます。


具体的に言うと。。。

人間の場合24℃という気温は爽やかな温度となってくるのですが、
犬の場合は+4℃で28℃程度ということになります。

そのため気温が22℃をオーバーしているようなら
犬は熱中症になる危険度が高くなります。


自分たち人間とは違い犬はとても体温調節が苦手で、暑がりなのです。

このことを念頭に熱中症対策を行いましょう。

スポンサードリンク



◆夏場における室内犬の熱中症を防ぐ方法



室内犬の場合、自宅に誰か一人でも家族が一緒にいることができるのであれば、
犬の熱中症といった不安はあまりありません。

なぜなら室内の温度が上がった場合でも、冷房の温度を低く設定したりして、
部屋の温度を快適な状態に管理することが可能です。

ところが、室内に誰もいない状態で、
犬だけがお留守番ということになった場合には注意が必要です。


朝方は、ひんやりしていたとしても、
日中においては信じられないくらい気温が上がる場合があります。

そういった状況になっても犬にはどうすることもできません。


ですから外出するのに先立って、
当日の気象状況をきちんと調べて冷房をセットするようにしましょう。


冷房はつけっぱなしになると電気代が掛かると思うかもしれませんが、
実をいうと冷房は、つけっぱなしのほうが電気代は安く済む事があります。

クーラーをつけると部屋の温度が高い状態を低くしようとするために、
電気をたくさん使用しなくてはなりません。

しかし、つけっぱなしで部屋の温度を一定に温度を保つためにの電気は、
それに比べて少なくて済むのです。


ですからエアコンをつけっぱなしにしておき、暑さ対策をしましょう。


◆お出かけする際に気をつけたいこと



お出かけする際に、
犬をゲージの中にいれて出かけてしまうことはやめましょう。

なぜなら限られたスペースでしか移動できないことによって、
犬にとって涼しいと感じる温度の位置に動くことが不可能になりるからです。


部屋が涼しければいいんじゃないの?と思うかもしれません。

しかし、エアコンの下にゲージを置いた場合はどうでしょう?
冷気が直接あたることで冷えすぎる可能性が出てきます。

もちろん逆に、日当たりの良い場所ですと体温が上がってしまうことになります。


どちらにせよ、犬にとっての逃げ場所が必要になります。


ですから犬に、お留守番を行なわせるのだとすれば、
犬が自由に心地良い温度の所に行ったり来たり出来るように、
ゲージから出しておきましょう。


また最近はペットようの熱中症対策グッズなどもたくさん販売されています。

このようなアイテムを活用して熱中症対策をしてみましょう。

楽天ペットの暑さ対策グッズ特集>>>


スポンサードリンク

 - その他 ,