私の忘備録

Just another WordPress site

多重人格は刑事責任を問われないのだろうか?

   

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s


多重人格の場合犯罪を犯しても
刑事責任は問われないというのはホントだろうか?

責任能力とは、物事の善悪を判断できそれに基づいて行動する能力のこと。


ではどういった状態が責任能力のない状態なのか?

それは「心神喪失」と言われています。


心神喪失とは、薬物中毒や精神病などにより判断能力がないこと。

そういう状態にある場合刑法39条1項により罰せられません。
つまり無罪。


そこで、この心神喪失に多重人格も含まれるのかといえば含まれるのです。
ですから多重人格者が犯罪を犯しても理論上無罪となります。

極端な例えでいうと、自分が多重人格になったと仮定します。
寝ている間に別人格が犯罪を犯してしまった場合。

自分には全く身に覚えがない。。。のにとなりますよね。

そういう理由より多重人格には責任能力がないと法文上なるのです。


そのため弁護士などは被告は犯行時に心神喪失だったと主張するのです。


無罪と聞くとなんだかおかしくない?となりますよね。
多重人格だからなんでもしていいのかと。。。。。

別人格であろうとも犯罪を犯していることに対して償いが必要なのではと。
また、別人格だったならばその別人において判断すれば良いと。


このように「心神喪失者の行為は、罰しない」という条文上の言葉だけを見ると
あたかも無罪が通りそうな気がします。

しかし、実際「心神喪失」の判断は鑑定医によって厳しく判断されます。

しかもその鑑定医の判断は参考になるだけで、
決して鑑定が心神喪失だった診断しても、裁判官にはなんら拘束力は働きません。

ですから、その鑑定に基づき裁判官が独自で判断を下します。



例えば、犯行時全く記憶がないと言うくらいの泥酔状態だったとします。
犯行時は確かに心神喪失状態と診断できます。

しかし、そうなることが前提で犯行前にお酒を飲んだということになれば、
確実に違法性を認識していた事になりますから、
いくら心身喪失であろうとも無罪ということにはなりません。

よってそう簡単に無罪と認められるものではないのです。

スポンサードリンク


 - その他 ,