私の忘備録

Just another WordPress site

テープのベタベタの剥がし方なんですがどうやってキレイにするの?

   



子供が小さい時には机の角などにぶつかっても大丈夫なように、
スポンジみたいなものを貼り付けたりしますよね。

いろいろな場所に貼り付けてたりしたものです。

その時使用したスポンジは子供が大きくなるにつれ不要となります。

それを、いざ剥がそうとすると、粘着部分だけが残ってしまい、
剥がしたはいいけれどもベタベタが残ってしまうケースはよくあることです。

このような時に市販で販売されているシール剥がしを使えば、
嫌なベタベタもきれいに剥がすことができます。

とはいえ、それほどシール剥がしは頻繁に使うものではありません。
そのため、できることなら違う方法で解消させたいものです。


テープのベタベタの剥がし方なんですがどうやってキレイにするの?



スポンサードリンク



◆テープのベタベタはどうやってキレイにするの?



テープのべたべたの剥がし方としては、
まずテープ剥がす前に粘着部分の粘着力は温めることで弱くなる性質があります。

ですからドライヤーを粘着部分に当てて温めながら剥がしてみましょう。

ある程度剥がすことができたら、
いよいよ残ったベタベタした粘着部分を落としていきます。


もちろんここで市販のシールはがしを使用してもOKなのですが、
身近な材料でシール剥がしと同じ効果を発揮するものもいくつか存在します。


・一つ目がハンドクリームです

ハンドクリームを指にとり、ベタベタの部分に少量ずつ塗っていきましょう。

しばらく放置すると、
ハンドクリームがベタベタに馴染んできれいに取ることができます。


・次に消しゴムを使った方法です

これはベタベタの上を消しゴムでこするだけの方法です。
両面テープのような強力なベタベタであっても、
消しゴムでこすることできれいに取ることができます。

しかしこの方法は、貼ってある部分がかたい材質の時に有効な方法です。
ビニールなどの薄いものに張ってある場合には、
消しゴムを消す時に力が加わり、ぐちゃぐちゃになってしまう可能性があります。


・次に布ガムテープです

布ガムテープを貼って剥がすことを繰り返し、粘着部分をとってみましょう。
うまく取れなかった部分は爪でこするときれいにとることができます。

注意点としては必ず布のガムテープを使用しましょう。
紙のガムテープは粘着力が弱いので、きれいに取ることはできません。


その他にも

・お酢を馴染ませたティッシュを数分貼り付けておく方法
・台所洗剤
・掃除用洗剤
・マニキュアの除光液
・灯油などのオイル
・みかんの汁

なども効果的です。

身近にあるものを使用して、きれいにベタベタを取り除きましょう。

スポンサードリンク

 - 生活 , ,