私の忘備録

Just another WordPress site

お中元の時期っていつからいつまでなのでしょう?

   

1d850b20f23f794712676d86465ede3b_s

日頃お世話になっている人に贈る感謝の気持ちとしてのお中元。

デパートの売り場では毎年お中元のセールのために
フロア一角を使って特設コーナーなどができたりしますよね。

さて、大人の付き合いにはマナーというものがありますが、

お中元においてもそれはあります。


ではお中元の時期っていつまでなのか?いつに贈るものなのか?

それは地方によって違いがるのでしょうか?



スポンサードリンク




◆お中元を渡す時期はいつがいいのでしょうか?




お中元とは一年の前半部分においての感謝の気持ちを伝えることです。

ですから12月の半分は6月ですよね?

半年分の感謝の気持ちを翌月の7月に伝えますから、
お中元を贈る時期は7月ということになります。


7月頭~15日くらいまでがお歳暮の時期になります。



◆関西と関東ではお中元の時期は違うの?




先ほど述べた時期は関東(東京周辺)の慣習となります。


では関西はどうでしょう?

関西は関東より1ヶ月おそい8月頭~15日までとなっています。


ちなみにそれ以外ですと北海道、東北、名古屋、九州などは
関西と同じく8月頭~15日までとなっています。



これだと例外が関東地方ということになりますね。



デパート等でお中元コーナーができてセールする時期は
6月くらいから始まりますけど、

関東では7月半ばで終わり、それ以外は8月頭くらいまで行っています。

スポンサードリンク




◆お中元の時期を過ぎたらどうなるの?



お中元の時期が過ぎたらどうなるのでしょう?


「お中元」とはお盆の時期に贈るものですから、
その時期を過ぎた場合は「暑中お見舞い」となります。

立秋以降より9月までは「残暑お見舞い」となります。


つまり

東京など関東圏の一部では7月15日までは「お中元」
それ以外は8月7日くらいの立秋までは「お中元」となります。



◆まとめ




このように地方によって「お中元」期間にズレがあるので、

時期が過ぎてしまったら

『暑中見舞い』『残暑見舞い』などと
贈り先にあわせて熨斗の書き方を変えるのが自然。


関東とそれ以外でこのようにズレがありますけれど

最近は関東と同じ時期にするところが多くなってきました。


その影響でしょうか?早く贈る人も増えてきて6月くらいから贈る人もいます。

確かに皆と同じ時期に贈ると集中してしまい、
相手を気遣うという意味でも良いことなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - マナー