私の忘備録

Just another WordPress site

ココナッツオイルでのうがいのやり方って夜やるの?時間はどれくらい?

      2016/01/07

000786

最近ですよね
ミランダ・カーが愛用しているということで人気になったココナッツオイル。


そのココナッツオイルを使った健康法のひとつが「うがい」。

オイルを使用したうがいは昔からありまして、
インドのアーユルヴェーダの一つでオイルプリングとして有名ですね。


さてそのココナッツオイルでのオイルプリングなんですけど、

いざしようと思ってみてもやり方とかがよくわからないですよね?



ココナッツオイルでのうがいのやり方について書いてみました。



スポンサードリンク





◆ココナッツオイルのうがいのやり方ってどうするの?





うがいのやり方なんですけど順番に説明していきますね。



・いつ行うの?




うがいをするのは起きた時にするのが良いです。

理由は、寝起きの口臭ってやばくないですか?
その臭いの原因は細菌。


睡眠中、唾液は分泌量が制限されてしまい
口の中で細菌が増殖してしまうのです。

だから朝にうがいをすることは効果的なんです。


また、オイルプリングは、空腹時に行うと効果が高いとも言います。

「空腹時」ということがポイントで、これも朝一番と同じ理由で、
空腹時には唾液が出にくいんです。


ですから、
朝とか夜とか空腹時とか言うよりも唾液の量が少ない時に行うのがベスト。



朝は誰もがそういう状態だから、
うがいするなら朝がいいよということなんです。




・どれくらいの量を使用すればいいの?




朝行えばいいんだとわかりましたよね?

では?一回のうがいに、どれくらいのオイルが必要なのでしょう?


正確な量というのは決まっていません。

大体大さじ1杯分(15ml)くらいでOK。




・うがいする時間はどれくらい?




うがいする時間なんですけど、
20分くらい、うがいをするのが良いんです。


20分。。。長いですよね。

実際、朝起きてそんな長い時間うがいをやっていられないのが本音です。



そんな時はブラッシングとの合わせ技を使いましょう。

5分間のうがいと5分のブラッシングでも効果はあります。

スポンサードリンク





・歯磨きは必要?




うがいすることで歯磨きが全く不要となるわけではありません。

歯磨きをすることで
歯についた歯垢を除去することが出来ます。


また歯磨き粉には研磨剤も含まれていますから綺麗になります。




・歯磨きした後がよいのか歯磨きする前が良いのか?




基本的にはオイルプリングした時間が重要になってきます。
20分間かもしくは、5分うがいで5分ブラッシング。


ですから、歯磨き前後どちらでも良いと言うことになります。




◆ココナッツオイルのうがいの効果について




殺菌効果があるということで、

わたしは歯茎がよく腫れるのですけど、
早速ブクブクうがいしてみましたところ。。。

腫れは3日で消失しました。


うーん。。。微妙?


いつももっと長引いたかな?

腫れはそんな幹事ですけど、
はっきりとその殺菌効果を感じたのは口内炎です。


小さい頃から口内炎ができやすくて、

口の中を噛んだら次の日にはもう出来てるといった状態の人なのですけど、

口内環境がよくなったのか、
口内炎になりそうだった箇所がありましたが翌日には完治していました。






◆まとめ




最初はオイルを口に入れることにすごく抵抗がありました。
なんか気持ち悪い。。。感じ。。。

しかし、それはあくまで想像でのことでして
実際ココナッツオイルを口に含むと意外に気持ち悪さはないんです。

むしろ逆にすっきりとしました。


うがいしていると徐々に口の中でさらさらになるのも不思議です。



いろんなものに使えるココナッツオイルですけど、

今後は、オリーブオイルの様に定番になって行くのかもしれませんね。

スポンサードリンク




 - 美容