私の忘備録

Just another WordPress site

真駒内花火大会をみるならどの席が一番のおすすめになるのかな?

   

09d704851aff8fae170624e694a8e6f5_s

真駒内花火大会は他の花火大会とは違い
座席のためのチケットはローソンチケットなどで購入しなくてはいけません。

ですから会場内の席は有料席になります。

しかし、そのぶん席も確保できるし落ち着いてゆっくり座って見れます。


人が大勢押し寄せる花火大会も無料でもちろんステキだけど

子供が小さいうちは有料でも席があるのは嬉しいですよね。



スポンサードリンク



◆日程


2015年7月19日(日)開催

真駒内セキスイハイムスタジアム




会場日程

飲食ブースが開店するのは13:00
花火開場は16:00オープン

花火の打ち上げ時間:19:45~20:45





◆花火を見るための席はどこがいいか?




・チケット販売される席

エキサイティングシート 7,500円
アリーナ椅子指定席 3,800円
スタンド指定席 3,800円
アリーナサイド指定席 3,500円
スタンドサイド指定席 3,500円
スタンドドリームシート 5,500円
自由席 2,800円


などがあり最前列ほど席の料金が高くなります。

これはコンサート同じですよね。
どこが見やすいか?


迫力でいえば最前列での音楽と花火の音が一番のアリーナ席になります。


しかし。。。私の場合ですけど
打ち上げ花火も結構たくさん打ち上がるんですよね。

その度に顔を上に向けるとなると首が痛い。。。


全体的に見渡せるとするならスタンド指定席のほうがいいと思います。

コンサートなどと違って人を見るわけじゃないので
打ち上げ場所に近すぎなくても十分見えますから。

スポンサードリンク



◆指定席と自由席の違い



チケットには自由席があります。
指定席をゲットした場合は席は決まっていますから場所取りなるものは

発生しません。

しかし、自由席の場合は当日場所取りしなくてなりません。


◆打ち上げ花火はもちろん外からも見ることができます



真駒内花火大会は打ち上げ花火が多いです。
ですから実は会場の外からでも見ることができます。

もちろん有料の花火大会ですから会場内で見るのが一番綺麗に見えるのですが 、

花火を全部見る必要がないのであれば外から見るのもアリだと思います。


◆まとめ



とにかく目の前でどっかんどっかん打ち上げられます。
煙も半端ないし音や音楽も半端ない。

花火を単に打ち上げるだけでなく、
きちんとしたショーとして楽しむことができますから、

おそらく花火大会のイメージは今までと違うものになると思います。

スポンサードリンク

 - 年中行事