私の忘備録

Just another WordPress site

唐揚げに使った油のおすすめの簡単な捨て方

   

2a5fc1f4daf11f53d1f12ddf90871a15_s


唐揚げを作ったときって、大量の油が残りますよね。
その油って、どう処理したらいいのでしょう?


油を捨てるときは効率よく簡単に捨てたいと思う人も多いでしょう。

ではどのような方法を取れば
効率よく簡単に油を捨てることができるのか見てみましょう。



スポンサードリンク



・お金をかけずにできる油の捨て方



油を捨てるとき、できるだけお金はかけたくない、
回収業者に持っていく時間もないという場合、

牛乳パックあるいはビニール袋と新聞紙か古雑誌、古い布を用意しましょう。

まず牛乳パックかビニール袋を広げ、
そこにちぎった新聞紙や古雑誌あるいは古い布を入れます。

後はそのまま油を注ぎ、油を新聞紙や古雑誌、古い布に吸わせるだけです。

油をしっかり吸わせたら口を閉じてビニール袋にいれ、可燃ゴミの日に出しましょう。


もっと簡単に油を捨てたいという場合は

捨てる油を入れた容器、
たとえば揚げ物が終わった後のフライパンや鍋に古雑誌をそのまま入れます。

実は週刊誌1冊程度で1リットルの油を吸い取るといわれており、

から揚げをした後の油程度であれば1冊で十分に吸い取ることができるのです。


・お金を少しかけて油を捨てる方法



「固めるタイプ」



お金をかけてもかまわないというのであれば、油の処理剤を購入してきてください。

油の処理剤は今いろいろなタイプが販売されており、
昔ながらの固めるタイプや石鹸水に変えてしまうタイプなどがあります。

固めて捨てるタイプは

まだ油が暑いうちに凝固剤が入った粉を投入し、油とよく混ぜます。

そのまま触らずに放置しておき、
その間に食事をしたり、洗い物をしたり、片づけを済ませておくといいでしょう。

油が冷めるころにはすっかり固まっていますので、
後はフライ返しなどを使って鍋から油を引き剥がします。

このとき固まった油が割れるなど、
商品写真にあるように綺麗に鍋の形に取れないことがありますが、

油自体は固まっているので問題ありません。


後はビニール袋に入れて口を閉じて可燃ゴミの日に回収してもらうだけです。

スポンサードリンク



「石鹸水に変えるタイプ」



石鹸水に代わるタイプは油に処理剤を入れてよく混ぜるだけという簡単なものです。

混ぜていくうちに油は乳白色になり、
石鹸水へと変わっていきますので、あとはそのまま排水溝に流すだけです。

排水溝に直接捨てることができますから固めるタイプのように

酸化して臭う心配もありませんし、
逆に石鹸水を流すことで排水溝が綺麗になり、臭いも発生しません。


・まとめ



ただし、処理剤を使って揚げ物油を処理する場合は、
必ず油に浮遊しているカスを取り除いてから行ってください。

揚げカスが残っていると
上手く固まらなかったり、排水溝を汚してしまったりする可能性があります。


もしカスを取り除くのが面倒だという場合は

先に紹介した古新聞や古雑誌を使用した方法を選択するといいでしょう。

スポンサードリンク

 - その他