私の忘備録

Just another WordPress site

子供会のハロウィンイベントにおすすめのアイテム・工夫

   

c0909b923759272d1144bf19e78c2fd5_s


ハロウィンも日本で一般的なイベントとなり、
子供会でハロウィンイベントを行うところも増えているようです。

ハロウィンらしいアイテムを用意したり

ちょっとした工夫をすることで子供たちを楽しませてあげましょう。



スポンサードリンク



・ハロウィンのお菓子のラッピングはアイデア次第?!






https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3+%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0&sa=X&hl=ja&biw=823&bih=409&site=webhp&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ved=0CBwQsARqFQoTCPHI34ngk8cCFQQ4lAod8gACGQ



ハロウィンとは子供たちが仮装をし、
トリック・オア・トリートと言いながらお菓子をもらうのが最大の特徴です。


子供会のイベントでも

当然「お菓子を配ること」になると思うのですが、
そのお菓子に工夫をしてあげましょう。


まずお菓子を入れる袋などのラッピング。

やはり、ラッピングもハロウィンらしさを出したいところです。


一般的には透明の袋をリボンで飾り付けすることが多いですが、


たとえば。。。

ハロウィンカラーとも言えるオレンジの袋を使ったり、
袋にかぼちゃやおばけ、ゾンビの可愛い絵を描くのもおすすめです。

ちょっとしたことではありますが
これだけでもハロウィンらしさが高まり子供たちのテンションも上がります。


袋ではなく厚紙などで、

かぼちゃや棺桶の形を作り、そこにお菓子を入れて配るのもいい方法でしょう。

あまり怖いものだと子供たちがびっくりしてしまいますが、
可愛らしさの中にホラーの要素を入れるのがハロウィンのコツです。

お菓子についても、ただ市販されているものを配るのではなく、

かぼちゃの形をしたクッキーを作ったり、
ゼリーでお化けを表現したりといった工夫をすればより雰囲気が出ます。

せっかくのハロウィンイベントですからお菓子にもこだわりたいものです。

スポンサードリンク



・ハロウィンならではのアイテム かぼちゃランタンの作り方






アイテムも雰囲気作りには欠かせません。

ハロウィンはホラーな雰囲気のイベントですから

明かりを消してろうそくを使うのがおすすめなのですが、
このろうそくにもアイテムを活用していきましょう。


かぼちゃを用意し、上の部分を切り取って中身を出します。

次に皮の部分を目、鼻、口の形に切り抜いて、
その中にろうそくを入れれば、

あっという間にハロウィンらしさ満載のろうそく入れが完成します。


目、口、鼻から漏れ出るろうそくの明かりは神秘的です。


小さなお子さんが集まりますので
火の扱いには十分注意する必要がありますが、おすすめの方法です。


火はどうしても危ないというならば、

小さいライトをろうそく代わりにすれば安全性も高められます。


くりぬいたかぼちゃの中身は、お菓子作りに利用すれば無駄もありませんし、
それほど手間のかかる作業でもありません。

大人からすれば本当に簡単なことではありますが子供たちは喜んでくれますよ。

事前にしっかり計画を立てて盛大にイベントを盛り上げましょう。

スポンサードリンク

 - 年中行事