私の忘備録

Just another WordPress site

愛知県の潮干狩りのお勧めスポット|子供とのお出かけに準備する持ち物

   

131432

4月の終わり頃になると。。。陽気もポカポカで
長い連休「ゴールデンウィーク」もありますよね。

そんなGWにお出かけするのにおすすなのが潮干狩り。

今回は愛知県の潮干狩りのお勧めスポットを紹介するとともに、

子供を連れて初めての潮干狩りの場合の
持ち物や服装など準備するものもなどもリストアップしてみました。



スポンサードリンク





◆愛知の潮干狩り場でおすすめのスポット




まぁおすすめといいますか、
毎年我が家が潮干狩りに出かける場所でもあります。

それが子供の国すぐ近くにある「東幡豆漁港」海岸


地図



所在地 〒444-0701
愛知県西尾市東幡豆町鯉田 海岸周辺

駐車場 約100台。
潮干狩り期間中は特設を含め約1,000台。

料金 :入漁料 大人1,500円、子ども750円。
トイレ : 有

営業時間 : 潮干狩りは、漁協「海岸潮干狩り表」の2時間前から。

電話番号 : 0563-62-2068


潮干狩り表はこちら>>>





◆車でのお出かけのポイント



ゴールデンウィークともなると、かなりの車が押しかけます。
ですからかなり早めの時間から行くと、海岸からすぐの場所に止められます。

干潮時に合わせていくとなると、少し離れた所の駐車場になります。

そこから歩いても10分くらいかな。

今までも全く止められなかったことはありませんでした。


ですが、まだしおが引く前に到着するとすごい楽ですね。

子供は退屈するかもしれませんけど。



◆潮干狩りに行くときの準備で持参すると便利な持ち物


・クーラーボックス

5月近くなると日中は結構日差しも強く暑いですから、
冷えた飲み物用にクーラーボックスがあるといいですよ。


・イス

潮干狩りって膝つかずに座って掘り続けますから、
膝や腰がすごく痛くなります。

ですから腰掛けがあるとめっちゃ便利。

イスの代わりに座れるクーラーボックスでもいいですよ。
疲れたら冷たい飲み物がすぐ飲めますしね。


・遊び用の子供用ソリ

子供の雪遊び用のソリに、
バケツや熊手やクーラー等を入れて引きずって移動できますからこれも楽。

無くても大丈夫ですけどね。


・軍手

無くても大丈夫ですけど、貝が痛いならつけたほうがいいかもです。
ですけど、砂が入って使いにくくなりますからね。

ゴム手袋の方が砂が入らなくて良いかもです。


・タオル

汗、手を洗ったり、足拭いたり。。。なにかと使いますからね。


・ゴミ袋

ゴミは自分で持ち帰る事になりますから必要です。

それに使用したバケツや熊手、汚れた服などすべてゴミ袋に入れて持ち帰ると楽。
砂がたくさんついてるので袋に入れたほうが車が汚れません。


・レジャーシート

海岸でお昼を食べたり休憩したりするのに必要。


・簡易テント

ワンタッチテントとかも結構持ってくる人は多いです。
日差しが強いから日陰にもなるし、風が強いとかぜよけにもなります。


・パラソル

これも日陰を作るのに必要です。
晴れると思った以上にひざしはキツイですからね。


・飲み物

脱水防止の為、近くに売ってないので途中のコンビニで買って行きましょう。


・ペットボトル

現地に水はあるんですけど、混んでますからなかなか洗えないので、
手洗い用の水とかあると便利です。

また、空になったら海水をくんで持ち帰ることもできます。
砂出しは、塩分濃度の調整が難しいのでおれた海の海水が一番です。

ちなみの持ち帰り用の海水は売っていますよ。

スポンサードリンク



・お弁当

食べるものも近くにはありません。
ちょっとした屋台がデていますけど、イカの足とか、とうもろこしくらいですから。

お弁当やおやつも持参してください。


・日焼け止め

首筋は特に日焼けします。
タオルを首に掛けるのも良いですけど、お肌の為に日焼け止め塗って下さい。


・くまで、スコップ

熊手は鉄の方がシッカリ採れます。
子供用のプラスチックですと上手く掘れません。

子供が遊ぶには良いかも知れませんけどね。


・バケツ

バケツといってもザルみたいカゴなのでよいです。
水切りもできますし、ザブザブ採った貝を洗うのも楽です。

使い終わった道具はバケツに入れてゴミ袋にそのままいれて持って帰ります。

取っ手が付いている方がいいですよ。
場所とか頻繁にいどうしますから。


・ネット

採った貝はバケツやザルでもいいですが、みかんの網みたいなものでもOK。


・透明の虫カゴ

海には小さい魚やカニやヤドカリなんかもたくさんいます。
とれたら小さい水槽として眺めると子供は喜びます。



・ウェットティッシュ

砂だらけですから、なにかと重宝します・


・帽子

日差しが強いので熱射病にならないように。


・着替え

子供は絶対に砂まみれか水でずぶ濡れになります。
夕方になると寒くなることもありますから、着替えは必要。




◆潮干狩りに出かける格好はどんな感じが良いの?




・服装

汚れてもいい服で行ってください。
絶対に砂まみれになります。

子供の場合、水着でもいいと思いますが、
寒い場合があるので着替えもすぐにできるように。


あと日中は暑いですが、夕方になると寒いです。
長袖の上着(ウインドブレーカーなど)は必要ですよ。

下のズボンは長いと濡れますからハーフパンツがいいです。


・靴

水に浸かるのが嫌なら長靴。
濡れてもいいなら足を怪我しないようにサンダルを履いてくださいね。

靴が水に浸かってもよいならスニーカーでも良いですよ。




◆まとめ




ざっと書いてきましたが、こんな感じです。

すべて持って行く必要はありませんが、
あると便利かなと思うものもリストアップしてみました。


お父さん、お母さんは大変ですけど子供はホントに喜びます。


忘れ物なく、準備万端で、楽しい潮干狩りができるといいですね!


・持ち物リスト

□ くまで、スコップ、バケツ、網ネット
□ 軍手、ゴム手袋
□ イス
□ クーラーボックス
□ レジャーシート、簡易テント、パラソル
□ ペットボトル(手洗い、海水持ち帰り)
□ ゴミ袋
□ 飲み物
□ お弁当
□ 日焼け止め
□ ウェットティッシュ
□ タオル
□ 帽子
□ 着替え
□ 長袖の上着(ウインドブレーカーなど)
□ 靴(長靴、サンダル)
□ 透明の虫カゴ
□ 遊び用の子供用ソリ

スポンサードリンク

 - お出かけ