私の忘備録

Just another WordPress site

ハロウィンのお菓子の簡単な作り方|手作りクッキーとかぼちゃプリン

   

1b271177b8d17f641d4744505ad4afed_s


ハロウィンは子供にお菓子をあげるイベントですので
お菓子作りをする機会も多くなります。

せっかくですからハロウィンらしいお菓子を作って子供を喜ばせてあげましょう。



スポンサードリンク



・クッキーなら簡単にハロウィンらしさを出せる







お菓子と言っても色々なものがありますが、
中でもクッキーは非常に簡単に作ることができて便利です。


かぼちゃ、お化け、ドクロなど、

ハロウィンらしいキャラクターの形に生地を整え、
焼きあがったらチョコペンを使って表情を描いていきましょう。


ドクロは少し難しいかもしれませんが

かぼちゃやお化けなら形も比較的シンプルなので簡単に形を整えることができます。


チョコペンで表情を描くだけというのも手軽で、

お菓子作りを普段あまりしない方でも問題なく作れる
定番のハロウィンスイーツと言えます。


持ち運びもしやすいですから
近所のお子さんに配ったりするのもいいのではないでしょうか。

小さな袋に入れてラッピングをすれば完璧で、
ハロウィンの思い出づくりにもなります。


簡単に作れますからお子さんと一緒に作るなんていうのもいいかもしれません。

また、ちょっと工夫をするなら
クッキー生地にかぼちゃを練り込んでかぼちゃ味にするのもおすすめです。

見た目だけでなく味もハロウィンらしくなります。

スポンサードリンク



・見た目も華やかかぼちゃプリン



Cpicon 坊ちゃんかぼちゃの丸ごとプリン by まっちゃんさ


ハロウィンの定番であるかぼちゃを活かしたお菓子がかぼちゃプリンです。

まず、小さめのかぼちゃの上の部分を切り取り、
そこから中身をくりぬいていきます。

くりぬいた中身を裏ごしし、
卵、佐藤、牛乳を適量加えて混ぜていけばプリンの元が完成です。

このプリンの元をオーブンで焼き、焼き終わったら冷蔵庫でしばらく冷やします。


冷えるとプリンが完成しますので
プリンを先ほどのかぼちゃに詰め、切り取った部分を乗せて完成です。


中身をくりぬいた後、かぼちゃの皮部分を切って
目、鼻、口をそれぞれ作っておけばかわいらしいかぼちゃプリンになります。

かぼちゃの皮は硬いので

ラップで全体を包んでレンジで温めておくと皮が柔らかくなり
切りやすくなりますので試してみましょう。

プリンなら子供も大好きなお菓子ですし、

器として使うかぼちゃの皮部分もそのまま食べることも可能なので無駄がありません。

見た目も豪華で普段のお菓子とは見た目も味も違うものになりますから

ハロウィンというイベントにふさわしいお菓子と言えるでしょう。


材料もそれほど多くないため手軽に作れるのもメリットです。

スポンサードリンク

 - 年中行事