私の忘備録

Just another WordPress site

夏場のディズニーランドでお役立ちの暑さ対策はどうすればいい?

   

17cb4992f325732aa367b8588f03c863_s


ディズニーランドといえば、

子供はもちろん大人にも大人気の日本でナンバー1のアミューズメントパークなので、
真夏であっても行きたいという方も多いでしょう。

ただ、

ディズニーランドのアトラクションは人気のあるものだと

平日でも1時間から2時間待ち、
休日ともなれば3時間待つのも珍しくありません。

暑いさなかに長時間立ちっぱなし、という状態が続くので熱中症も心配ですし、

暑さにやられてしまうと思う存分遊ぶこともできないですね。


ですので、夏場のディズニーランドに行くなら、

その前にしっかりと暑さ対策をして
夜のパレードまで楽しめる準備をしておきましょう。



スポンサードリンク



・暑さ対策で必要なもの



最近は日傘を持つ人も増えていますが、

日傘をさしたまま行列に並んだりするのは、
他の人とのトラブルになったり怪我をさせてしまう恐れがあります。

それに、長時間日傘を持つのも大変なので、

日傘は非常用にして帽子と大きめのタオルで日差しをカットしましょう。


もちろん日焼けにも気をつけなくてはいけませんから、日焼け止めも必須です。

手軽に塗り直しができるスプレータイプのものがいいですね。


また、人いきれで蒸し暑くもなるので、うちわか扇子も忘れずに持って行ってください。


そしてもう一つ、凍らせたペットボトルも必需品です。

首筋に当てるだけでもクールダウンできますし、
溶ければ飲み物にもなるので一石二鳥の暑さ対策ができます。


園内でもジュースや
夏限定販売のシェイブアイス(かき氷のようなもの)も売っているので、

水分補給をしっかりしながら周るようにしましょう。

その時水筒があると便利サーモスとかって冷たさが持続しますからね。


・暑さをしのぐための遊び方



・ファストパス






ディズニーランドはとても広いので、たくさん歩かなくてはいけませんが、
それ以上に辛いのは暑い中のアトラクション待ちです。

強い日差しの中でずっと立っているのはものすごく体力を消耗するので、

ファストパスを使いこなしてください。


人気アトラクションは基本的にファストパス対象なので、

自分が乗りたいアトラクションを事前にピックアップして、
効率よく周れるようにしておきましょう。


・水かけのイベント



そして、夏には水かけのイベントがあるので、
時間帯をチェックしてできるだけ水を浴びるようにしましょう。

前列だとかなりの量の水を浴びますが、とにかく暑いので自然に乾いてしまいます。

それよりも
気化熱によって涼しくなるので、水かけイベントには参加しておきたいですね。

かなり濡れてしまうので

ジップロック、ゴミ袋などに
デジカメスマホ等やカバン財布、着替えなどを入れておくと便利です。


・施設を利用して休憩しよう



また、ショーをやる施設やレストラン、
アトラクションなど屋内の施設はクーラーが効いているので、

こういったところで休みながら周るのも効果的な暑さ対策になります。


・着替えよう



かなりの汗を掻きますから、最終的には着替えがあると良いです。

ホントはシャワーがあると良いですが、

なくてもトイレ等でコンビニにあるウエットティッシュのクールなやつで
全身を拭いて着替えるとスッキリしますよ。


◆まとめ



ディズニランドの夏の持ちものをまとめておきます。


水筒・凍らせたペットボトル
帽子・タオル(大きめと小さめ)・日焼け止め
うちわ
ウエットティッシュ(普通のとクールなもの)
レインコート・ポンチョ
ジップロップ・ゴミ袋
着替え


せっかくのディズニーランドですから、暑さ対策を万全にして楽しみましょう。

スポンサードリンク

 - お出かけ