私の忘備録

Just another WordPress site

香典返しに対するお礼は必要なの?それともマナー違反になるの?

   

8fc6f7000dce86058e022ddda7e7fee1_s


香典のお返しとは、
喪主が葬式に参列した方々に対して香典を頂いたお礼として

品物を自宅などに送ることです。


その香典返しの品物を受けとった場合、
香典返しをもらった事に対してのお礼は必要なのだろうか?


お礼に対してのお礼状はやりすぎなのだろうか?



スポンサードリンク



◆香典返しに対するお礼は必要なの?



一般的に香典返しに対してのお礼は必要ない事になっています。


香典を渡す
香典返しを受け取る


以上で終わりです。


◆どうしてお礼は言わなくてもいいのか?



香典返しに対するお礼は
何故しなくても良いのかという理由には3つあります。



・お礼の意味合いがよくないことになる



香典返しは香典のお礼として喪主さんから送られてきます。
そのお礼に対してお礼するということになります。

お葬式の香典返しとは亡くなった人に対して
葬儀に参列した人達が香典を渡したことに対するお礼です。


順序で表すと、お礼に対してお礼をするということは、

①亡くなった
②香典
③香典返し
④お礼


こういう流れになりますよね?

この場合、亡くなった事に対するお礼になってしまいます。

つまり。。。

「亡くなったことで香典返しがもらえました」という意味合いになるのです。


・縁起がよくない



香典返しに対するお礼をするということは、
先程から何度も出ていますけど「お礼のお礼」になりますよね?

これは「礼を重ねる」ということになります。


重なる。。。

つまり「不幸が重なる」という具合に解釈されていまして、
縁起がよくない行為となっているのです。


・電話対応が大変



香典を受け取る相手が数十件から数百件に膨大な人数になったりもします。

香典のお返しというものは
香典を渡した人に対するお礼になりますから、

もしそのお礼の電話をしなくてはならないとなると、
喪主さんの家1件に対して電話がかかってくるのは数百の人からです。

そうなると電話応対だけでも大変な思いをすることに。


実際、こういったマナーを知らない場合、毎日のように電話が鳴るのです。
数日間はその応対だけで一日の大半が費やされます。


こうした状況は
身内が亡くなり気落ちしている家族には、よくありませんよね。

スポンサードリンク



◆でも連絡しないと届いたかどうかがわからないんじゃないの?



香典返しがきちんと相手方に届いたかどうかは
確かに確認することはできません。

通常の贈り物の場合は相手のことを考えて、
「贈り物頂きました、ありがとう」なんていう連絡をいれますよね。、

しかし「香典返し」の場合そういうわけにもいきません。

とはいっても相手もちゃんと「香典返し」が届いたかどうかわかりませんよね?


その場合は「ありがとう」ではなくて、
「恐縮です」とか「届きました」の連絡を入れるのはOKだと言われてます。

しかし、

電話があまりに多いと喪主さんが大変ですから、
ハガキなどで「この度は、ご丁寧なお心遣い、恐縮です」

という感じで香典返しが届いたことを伝えることが良いです。


◆まとめ



香典返しに対するお礼は基本的には不要。

しかし「届きました」の連絡を入れるのは差し支えない。
(電話よりもハガキのほうが良い)


まとめると以上のようになります。


冠婚葬祭に関するマナーってホントに知らないことがたくさんありますよね。

スポンサードリンク

 - マナー