私の忘備録

Just another WordPress site

初節句の内祝いなんですがのしってどれを使用してどう名前を書くの?

   

319998


出生後に最初に迎える節句を初節句と呼び、
子供の発育をお祝いし、この先の幸せを祈るお祝いとなります。


・男の子は5月5日の「端午の節句」
・女児は3月3日の「桃の節句」


にお祝いを行ないます。


その時に、お祝いとして品物やお金を頂いたりします。


このような初節句の場合、
「内祝い」としてお返しを行う時に使用する「のし」なのですが、


どのような「のし」を使ったら良いのか?

また、

どのように記入したらいいのでしょうか?



スポンサードリンク



◆表書きは「内祝」?それとも「初節句内祝」なの?



初節句のお祝いの内祝いの表書きなんですが、

「内祝」

「初節句内祝」

どちらでも問題ありません。


◆名前の記入はどうすれば良いのか?




「のし」の水引の下に書く名前なんですけど、


苗字だけなのか?
名前だけなのか?
それともフルネームなのか?



苗字やフルネームでも間違いではありませんが、
一般的には子供の名前のみを記入します。


utiiwai


◆「のし」は結び切りと蝶結び、どっち?



紅白の蝶結びの水引を使用します。
蝶結びは繰り返し何度でもあっても良いお祝い事に使用。

結び切りは一度だけのお祝いの時に使用。

例えば結婚のお祝いの時などです。



もし、よくわからない場合であっても、

売り場などで購入する時に店員さんに初節句の内祝いの品であると告げれば、
初節句の内祝いようの「のし」に印刷してくれますよ。

ぜひ相談してみてください。


◆その他の悩み事



お祝い頂いた場合によくある悩み事として、


・お返しのタイミングっていつまで?

・お返しの金額はいくらなのか?

・お返しは何にすればいいの?



といった事があります。


・お返しのタイミングっていつまで?



取り敢えずは、
お祝いを貰ったら、すぐにお礼のお便りを送るか電話をしましょう。

今の時代ですと、

メールやラインが便利ですが、
儀礼・作法を簡略すぎて無礼であると言えます。


お返しの時期は特に決まってないのですが、
節句の日できるだけ速やかにお返しするというのがおすすめです。

お返しを行なうまでに期間が空きすぎることは良くありません。

とは言っても。。。

貰って即座にお返しするというのは

「お祝いを期待していてお返しを用意していた」と
想定される可能性もありますから注意してください。

スポンサードリンク



・お返しの金額はいくらなのか?



金額は貰った金額と同額だったり、貰った額以上だったりすると、
お祝いをして頂いた人の気持ちが台無しとなってしまうため、

半額から3分の1ぐらいを基準に心掛けましょう。


・お返しは何にすればいいの?


一般的な、お返しの品としては、


例えば金額が5000円の場合

・3000円程度の物(タオルや食品などの日用品)
・1000円程度の祝い菓子
・1000円程度のお赤飯


最近は「カタログギフト」が好評だったりします。

また。。。

通販とかみると初節句用の写真付き商品を取り扱っているお店も多いです。


◆まとめ



内祝というものは、自分の家のお祝い事といった意味を持っています。

自分のところであった、
おめでたい出来事を「品物」という形に変えて表現して、

身近な方達に贈ることで幸せを一緒に喜んでもらうといった意図があるのです。


ですから内祝いの本当の趣旨は、必ずしも「お返し」ではありません。



とはいえ今の時代では
「お返し」という形が一般的なマナーになっていますから。

相手方に対して無礼のないよう一般的な礼儀作法を守りましょう。

スポンサードリンク

 - マナー ,