私の忘備録

Just another WordPress site

夏風邪を引いても熱が出ないって事はあるのでしょうか?

   

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s


風邪の原因は基本的にウイルスで、
冬のウイルスとして有名なのがインフルエンザですが、

夏の時期になり流行するウイルスもあります。

そのウイルスに感染した場合に通常「夏風邪」というのです。


しかし。。。風邪っぽいのに熱が出ない。。。

熱が出ない夏風邪ってあるのだろうか?



スポンサードリンク




◆熱だけが風邪ではない



冬風邪の代表的なものであるインフルエンザがありますが、

このインフルエンザって実は、
感染していても無症状で気がつかない場合があるのです。


つまり熱が出ない夏風邪も十分にありうること。


風邪の症状として

「くしゃみ」
「鼻水」
「鼻づまり」
「のどの痛み」
「咳」
「たん」
「発熱」


などがありますが、

「鼻水」があるから風邪ですというように、
特定の症状が出ているから風邪を引いているというわけではないのです。

「風邪」というものは、これらの症状を総称したものなのです。


◆夏という季節も大きく関係している



夏風邪の発熱に関して本人は熱は出ていないと感じていたとしても、
実は熱が出ていた。。。という場合もあるんです。


それには夏という季節も大きく関係しているのです。


冬風邪の場合は外気が寒いこともあって、
わずかでも熱が生じると「熱があるかも?」と認識できるわけですが、

夏風邪の場合ですと外の温度が高いこともあって、
少々の熱が出てだるさが生じたとしても、

「暑いから夏バテかな。。。」という感じになる場合があるのです。

スポンサードリンク



◆夏風邪の主な原因は夏バテ



夏風邪の原因は夏バテが多いといわれています。


夏バテの症状としては、

・体がだるい
・食欲不振


といった体の不調があります。


暑さのため冷たい飲み物や食べ物をたくさん摂取することで、
お腹の調子も悪くなり下痢を引き起こしたりもします。


こうして体力が削られることで免疫力が低下し夏風邪になるのです。


夏バテの延長線上に夏風邪があるために、
初期段階の症状は風邪であると判断しにくい傾向にあります。

また夏風邪の特徴としては、

・咳があまり出ない
・のどに痛みがでる
・下痢を引き起こしやすい
・全身がけだるく感じる
・発熱


上記の状態で発熱がハッキリわかれば、風邪であると認識できますが、
発熱がない場合や弱い場合は判断しにくいと思います。


◆どのように判断すればよいのか?



喉が痛い場合や、
お腹がくだって下痢になったら夏風邪かもしれません。


しかし熱がない。。。


そんな場合は、

発熱しなければ、とりあえず耳鼻咽喉科に出向きます。


風邪と聞くと、
通常ですと内科や小児科を想像してしまう人がほとんどだと思います。

けれども耳鼻咽喉科においても風邪の診断や治療を実施します。


耳鼻咽喉科で見てもらっても症状が良くならない場合は、
内科で診察して貰うという2段階でよいと思います。

スポンサードリンク

 - 健康