同じように歩いていても、知らない人から道聞かれることが多い人もいれば、
誰からも声をかけられない人もいます。

周囲の人が道聞かれる場面を見ると。。。

なぜ自分には声をかけてこないのだろう?
話しかけにくいのだろうか?

などと思ってしまうものです。

道聞かれることが多い人と、そうでない人との間には、
どのような違いや特徴があるのでしょうか?

また、どんなオーラだしてるのだろう?

スポンサーリンク

◆頻繁に道聞かれる人の特徴

頻繁に道聞かれる人の特徴とは

・表情
・歩く速度
・オーラの種類

といった事が考えられます。

では順番に見ていきます。

◆表情や振る舞いは重要なと要素

道を聞こうとしている側からすれば、
やはり話しかけやすいと感じる人に聞きたいと思うものです。

そのため、頻繁に道聞かれる人の特徴というのは、

・愛想がよさそうに見える
・明るい表情をしている

といった特徴があります。

逆に、いつもムスッとした表情で歩いているような人。
そういった人に対して話しかけたいと思う人は、そう多くありません。

スポンサーリンク

◆歩く速度も重要な要素

また、歩く速度も重要な要素だといえます。

ゆったりとしたペースで歩いている人の方が、
道聞かれる回数は自然と多くなります。

なぜなら、早歩きの人を呼び止めるのは
「なんだか忙しそうだな、無理に止めて聞くと迷惑になるだろうな」

などと考えてしまい、声を掛けるにしてもすごい勇気がいるからです。

◆どんなオーラをだしているのか?

性格や特徴の面から考えるだけでなく、
どんなオーラをだしているのかを考えてみると、違った一面が見えてきます。

道聞かれることが多い人は、独特のオーラをだしているものです。

「この人に聞けば詳しく丁寧に教えてもらえそうだ」
「嫌がらずにきちんと答えてくれるのではないか」

などと感じられるオーラをだしている人。

・具体的にいうとオーラってどういうこと?

オーラというのは、はっきりと目に見えるものではありません。
そのため、人を観察してみても、オーラを判断することは不可能です。

オーラとは言うなれば内面にあって、
無意識のうちに他人を惹きつけるものだといえます。

・空気感
・雰囲気

といったものです。

「私にはそういったオーラは生まつき備わっていない」
なんて思う人もいるかもしれません。

しかし、実はそうではないんです。

◆誰しもが同じように持っているシステム

また、人がだしているオーラは1種類に限られているわけでもありません。

・誰にも話しかけてほしくないと思っているときのオーラ
・道聞かれるときのオーラ

これら2つは、当然ながら異なっています。

もっとわかりやすくいえば、

・イライラしている時
・ワクワクしている時

とも言えます。

要するにその人のメンタル状態と言えますよね。

・そんなの誰にでもあるんじゃないの?

「オーラ」と聞くとなんだかすごい才能や資質であり、
生まれ持った要素が大きいと感じますよね。

もちろんそれもあると思います。

しかし、実は誰しもが同じように持っているシステムなのです。

ワクワクした状態が一日のうちで長い人は、それが1年2年と重なると、
そういった心の状態が基本となり「道を聞かれやすいオーラに」なるのです。

それは逆にいつもイライラしていると、
「誰にも話しかけてほしくないと思っているときのオーラ」が、
基本オーラとなります。

このようにオーラとは、
体調や事情によって誰しも同じような変化を見せるのです。

ですから、あなたも道聞かれるようになる機会が増える可能性があるのです。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事