○○ダイエットという特集はよくあることで、
もち麦ダイエットもテレビで放送されました。

「もち麦ダイエット」となると、もち麦はダイエットに効果的と思いますよね。
ではもち麦の効果的な食べ方って、どうすればいいのでしょう?

もち麦だけを多めに摂取すればいのか?
おかずは普段通りでもいいのか?食べないほうがいいのか?

スポンサーリンク

◆もち麦を食べてもやせない?!

もち麦ダイエットという特集がありながら、
「もち麦を食べてもやせない」ってどういうことか?

それは、もち麦だけ食べても、やせるわけではないということです。

例えば。。。私の場合。

特に運動もしていませんし、お菓子も食べます。
もちろん3食ご飯も食べます。

そのご飯にですね、もち麦を混ぜて食べましたところ。。。
特に体重に変化なしです。

・どうして、もち麦食べたのに私は痩せないのか?

それは、もち麦そのものにやせる効果がないからです。
これはもち麦が悪いのではありません。

私が太っている原因は単純にカロリーオーバーだからです。
「3食+お菓子」が私の日常です。
ここに、もち麦をご飯に混ぜたからといって総カロリーは、ほぼ変わりません。

だから、もち麦を食べても痩せないのです。

◆もち麦をダイエットに効果的にするためには?

もち麦自体は決して悪い食べ物ではありません。
もち麦には水溶性と不溶性の2種類の食物繊維があります。
しかも、玄米の4倍 押麦の1.5倍 白米の25倍も含まれているんです。

ですから、もち麦は食物繊維が豊富に摂取できる素晴らしい食材です。
しかし、問題なのは「3食+お菓子」という私の日常です。

もち麦の効果、つまり食物繊維の効果をダイエット効果に役立たせるためには、
「3食+お菓子」のお菓子を失くすことが最優先となります。

そうすることで摂取しているカロリーが減ります。
そこに、もち麦の特徴である食物繊維が腸内環境を整えてくれます。
また水溶性食物繊維は脂肪の吸収をおさえてくれたりもします。

この効果がダイエットの手助けとなるわけです。

つまりは私の摂取カロリーからお菓子を失くすことが、
もち麦ダイエットを効果的にする方法なのです。

スポンサーリンク

◆もち麦の食べ方について、おかずは普段通りでもいいの?

もち麦を白米に混ぜれば食物繊維が豊富な麦飯になります。
お茶漬けやリゾットにすることも可能です。

もち麦だけを大量に食べるのではなく、
お肉や野菜や海藻を一緒に食事に加えて品目を増やす工夫も必要です。
といのも、やはりバランスが不可欠だからです。

もち麦ダイエットだからといってもち麦だけではタンパク質がとれません。

・タンパク質
・脂質
・炭水化物
・ビタミン、ミネラル、食物繊維

これらが基本となります。

これらの栄養素のうち現代人にとって不足しがちなのが、
タンパク質、ビタミン、食物繊維です。

ダイエットだからといって普段の食事を制限すると、
これら必要な栄養素が取れなくなります。

そうなると、食べる>体を作る・エネルギーという工程が機能しません。
ですからおかずは普段通りでもいいのです。

私の場合でいうと食事制限でなく、お菓子を食べないことが大事なのです。
また、お菓子を食べないようにするためにも、
普段の食事はきちんと取らないと、お腹が空いてお菓子が食べたくなるのです。

このようにもち麦ダイエットとは普段の食事をきちんととり、
間食(お菓子)を失くすことなのです。

楽天 もち麦特集>>>

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事