いらないものは捨ててしまうのではなく、
フリマに出品してお小遣いにしちゃいましょう!

今回はフリマへの出品方法などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

◆フリマに出品できるもの

まずはどんなものなら出品できるのかを考えていきましょう。

フリマでよく売られているのは洋服です。

サイズの合わなくなった子供服、
おしゃれだけど着こなせなかったブランドアイテム、
プレゼントされたものの趣味じゃないものなどなど…。

まだ十分使える状態のものであれば出品可能です。

他にもおもちゃ、本などは定番アイテム。
アクセサリーや雑貨を出品する方もいます。

◆フリマの開催場所をチェック

出品したいものが集まったら、フリマを開催している場所を探しましょう。
近所の公園やモールなどで開催されていることも多いですよ。

行きたい開催場所を見つけたら、
そのフリマで出品できるもの、場所の広さ、出店店舗数、駐車場の有無を確認。

出品したいものが多い場合は駐車場が近くにないと厳しいですので、
利便性もよく考えておいてくださいね。

フリマの種類としてはフリマ単体で行われるもの、
イベントの一環としてフリマを行うものの2種類があります。

前者の場合はお客さんが少ないというデメリットがありますが、
定期的に出品していると常連さん、
顔なじみができやすいというメリットもあります。

集客が不安な場合は、アクセスのいい場所で開催されるフリマを選びましょう。

後者の場合はイベントに訪れたついでにたくさんの人がフリマを訪れます。
あまり値切られることもなく、
比較的スムーズに不用品をさばくことができるでしょう。

スポンサーリンク

◆フリマに申し込もう!

出品したいフリマを選んだら、
開催元に申し込みをして、スペースのレンタル料を支払います。

その後はフリマに必要なものを集めてフリマに出発!

ビニールシートやイス、つり銭、ビニール袋、
値段を書くためのボードや筆記用具、飲食物、電卓などがあると非常に便利ですよ。

楽しいフリマライフを過ごしてくださいね。

◆アプリを使うともっと簡単に!

最近ではフリマに出向かず、フリマアプリを使用されている方も多いですよね。

フリマアプリを使えば時間や場所を気にすることなく、
自宅の不用品を処理してお金にすることが可能です。

フリマアプリのメリットはとにかく手軽なこと。

しかしデメリットとして、
なかなか購入されない場合はいつまでも不用品が片付かない、
相手の顔が見えないので失礼なコメントをされる、
トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

アプリを使用する際も十分に注意しながら取引を行うようにしましょう。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事