家に来るお客さんが手土産として持参してくることってありますよね。
私もまた何かの機会に訪れることがあれば手土産を持参します。

この手土産なんですが「おもたせ」ということもあります。
おもたせってなんだろう?

お土産のことじゃないのだろうか?
ずっとお土産で通してきたけど。。。おもたせってどのような時に使うの?

スポンサーリンク

◆お土産のことじゃないの?

おもたせとはどういう意味かというと、
相手がお土産として持ってきてくれた菓子等の尊敬語です。

つまり相手が持って来た手土産に対して、
受け取った側が敬意を払い発せられる言葉です。

その為、手土産を持って来た人が相手に渡す時に、
「これおもたせですがどうぞ」と言うのは間違いなので気をつける必要があります。

◆おもたせってどのような時に使うの?

ではどのように使えば良いか?

例えば。。。

自宅等に訪問者が手土産を持参して来ます。
その手土産のお菓子を出して訪問者と一緒にいただく場面。

そこで「おもたせで失礼ですが」という感じで使うととても自然です。

スポンサーリンク

◆失敗しないおもたせの出し方

お土産で持ってきてくれた物をそのお客さんに出すのはマナーには反してません。
ですから時間とタイミングを見計らって、
「おもたせで失礼ですが」といって出すと良いです。

そこで失敗しないおもたせの出し方についてです。

例えば。。。
自宅に来客が手土産を持ってきてくれた場合。

手土産がケーキや和菓子等の生ものだったとします。
この場合、持って来てくれたお客様にそれを出して喜びを分かち合うのが礼儀です。

・いつ出せばよいのか?

おもたせを出すタイミングですが、
さすがに持ってきてもらった物をすぐに出すのは失礼となります。

少し時間をおいてタイミングを見計らってから出しましょう。

◆お土産で持ってきてくれた物は出すべきなのか?

先程も述べましたがお土産を出すのはマナー違反ではありません。
ですが、中にはおもたせを持って来てくれた人に出すべきではないという意見も。

お土産は「あとでゆっくり家族だけで食べて欲しい」という人もいれば、
「せっかくみんなで食べようと思って持って来たのに出してもらえず残念」
という人もいます。

・じゃあどうすればいいのか?

その辺は臨機応変に相手の気持ちを見計らう事も大切です。

例えば。。。

お土産を持ってきてくれた人に、
「後でおもたせをみんなでいただいてもよろしいですか」と聞いてみると良いです。

とはいうものの、本音としては

あらかじめお土産を持って来てくれた人が、
「みんなで食べようと思って持って来た」
「後でご家族で召し上がってください」
という感じで最初に意思表示をしてくれると助かりますよね。

自分がお土産を持参する場合は今度からそうしようと思いました。

このようなマナーは堅苦しいと考える人もいます。
とはいえ知っておく事で相手に不快な気持ちをさせないで済みます。

ですから、あらかじめ最低限の事は知っておいた方が良いのだと感じました。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事