イギリスはeu離脱が決まって世界的に衝撃を与えたました。
日本にとっても無視することのできない。。。

という感じでよく言われたりします。

でも今ひとつよくわかりません。

イギリスがEUから離脱したら日本への影響はあるのだろうか?
そしてその影響はどのようなものなのか?

スポンサーリンク

◆イギリスがEUから離脱したら日本への影響はあるのだろうか?

イギリスがEUから離脱したら日本への影響として、
イギリスに進出している日本企業の生産能力の低下があります。

企業の力が衰えれば当然お金の流れが減ります。
その結果として日本の景気にも大きく関係してきます。

優良企業の売上が落ちれば収める税金や配当できるお金も減ります。
給料も下がることにもなります。

イギリスのEU離脱では、そういった事が起こりえます。

でも。。。EU離脱により何が原因となり日本企業への影響がでるのか?

◆EU離脱により何が原因となり日本企業への影響がでるのか?

EU離脱により人や物の行き来が自由化がなくなる。

おなじEU内ですと人や物の行き来が自由ですが、
イギリスが離脱することで、人や物の行き来に手続きが必要になります。

そうなるとイギリスに生産工場をもっている会社は、
今までのように部品を集めて、製品を送り出すという事ができません。

部品が手続きや関税などで、
供給スピードが落ちや供給価格が上がることになります。

そうなると生産計画が全く違って来ます。

それを避けるためにはイギリスからの撤退とかになりますが、
それでも莫大な費用がかかります。

また、人や物の行き来が自由化がなくなる事で心配されるのが安全面です。

アイルランド(アイルランド共和国)と、
北アイルランド(イギリス連合王国)とは別の国になります。

そのためアイルランドと北アイルランドの間には国境管理がされていました。

しかしイギリスとアイルランドのEUへ参加により、
アイルランドと北アイルランドの間には国境管理も撤廃されて、
人や物の行き来が自由化されました。

その結果アイルランドと北アイルランドの間にある紛争が収まってきたのです。

紛争が収まることで企業が投資をします。
例えば富士通など。

外それにより北アイルランドは経済成長をしました。

しかし、イギリスがEUを離脱することで、
またアイルランドと北アイルランドの間に国境管理がなされ、
関係が悪化するのでは。。。。という不安があります。

そうなると、投資をしている日本企業も撤退となります。

既に日本企業の現地法人が撤退を検討したり発表しています。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事