119253

夏のお盆が終わると秋のお彼岸となりますが、
どちらも、ご先祖様を供養する仏教行事ですよね?

なんでこの間やったのにまたやるのでしょう?

どちらもお墓参りにいくのに「お盆」「お彼岸」って呼び名が違うのか不思議です。

呼び名や季節、時期が違う以上やっぱりお盆とお彼岸は違うもの?なんですよね。

どんな意味の違いがあるのか?
供養のやり方に違いがあるのでしょうか?

なんとなく、慣習的に行事として参加していますが、よくわかりません。。。

今回その違いを簡単にまとめてみました。

◆まずは日取りの違いから

お彼岸は、秋分の日と春分の日に行います。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるとおり、
春は春分の日、秋は秋分の日を中心としたその前後3日間のトータル七日間。

お盆は一般的には8月13日から16日にかけて行われています。

東京では旧暦の7月15日です。

◆供養のやり方に違いがあるのでしょうか?

・お彼岸の場合

春分と秋分は太陽が極楽浄土があるとされる真西に沈むことから、
もっとも彼岸(西方浄土)に近づける日。

つまり、この世とあの世が一番近づく日。

供養の仕方は、この時期に墓参をしたり仏壇を掃除して
ぼた餅やおはぎをお供えしたりして

亡くなった人に日頃の感謝や出来事などを報告します。

・お盆の場合

ご先祖様の霊が、あの世から帰ってきて家族と一緒に過ごします。

お迎えするために、お仏壇にお供え物をして準備をし、
お花と故人の好きだった食べ物をメインにお供えして無事に食べる様祈ります。

◆お盆とお彼岸の決定的な違いはなに?

お盆とお彼岸の行事の意味合いが違うのは

[su_note radius="5"]お彼岸>自分のためなす行
お盆>ご先祖のためになす行
[/su_note]

なのです。

仏教の主な6つの修行として

・ 「布施/他人にほどこす」
・ 「持戒/戒律を守る」
・ 「忍辱/耐え忍ぶ」
・ 「精進/努力精進する」
・ 「禅定/心を集中する」
・ 「智慧/悟りを開く」

これらに加えて
・ 「先祖の供養」

上記をあわせた7つを自らの修行として7日間で行うのがお彼岸の意味合いです。

お盆の場合は

人間というものは自分では気づかぬうちに悪行を犯してしまうもの。

亡くなったご先祖や身内が餓鬼になって、
やせ細ってお腹がぷっくり膨れて餓鬼界にいるかも知れません。

食べ物を与えて供養すれば、

その功徳によってご先祖や身内が苦しみから救われるというご先祖のためになす行

◆まとめ

違いのまとめ

[su_note radius="5"]・お盆

①先祖を迎える日
②自分のための修行[/su_note] [su_note radius="5"]・お彼岸

①先祖に近づくことができる日
②先祖や身内の為の行い[/su_note]

お盆とお彼岸は、

どちらもご先祖様を供養しますが、
それは自分のためか先祖のためかという違いがあるのです。

呼び名が違うのも時期だけでなく、ちゃんと意味合いが違うからなんですね。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事