0cf87bee50668871c12c237d001b9a52_s

秋口から冬の終わりにかけて空気が乾燥しますよね。
それに伴い肌も乾燥します。

あの肌の痒みってホントに我慢できません。

大人の自分でさへ耐えられないのに、幼児の場合はもっと我慢できませんよね。

かゆみを何とかしてあげたくていろいろ考えたのですが、
痒くない人からすると そこまで対策するの?と 思われそうですが、

毎日の小さい事や習慣が原因のすべてではないものの軽減できることを知りました。

幼児の乾燥かゆみ肌対策に私がしたこととは?

スポンサーリンク

◆幼児の乾燥かゆみ肌対策として私が行った事

まずはどうして幼児は痒がるのか?

幼児期である生後1年から6年目くらいまでは
皮脂の分泌量が生涯でもっとも少なくなる時期なんです。

つまり保護されにくくて乾燥しやすいんです。

病気とか云々ではなく、
みんな一律に乾燥気味になるものなんだと知り安心しました。

皮脂が少ないわけですから当然のごとく補うことを考えます。

そこで保湿剤が役にたちます。

・ホホバオイル

オイルといってもたくさんあり、栄養価の高いオイルなどもありますが、
そういったオイルは酸化も早いですし、子供には向かない物もありますから、

酸化しにくいホホバオイルをつかいました。

楽天 ホホバオイル>>>

・爪を切る

また乾燥すると痒くなりボリボリと掻きむしりますよね。
ですから爪を切っておくことも大事です。

・お風呂の石鹸をかえる

お風呂で使う石鹸も変えました。

それまでは幼児用のベビーソープであったりしたんですけど、
自然素材で製造された石鹸に変えました。

楽天 坊っちゃん石鹸>>>

・入浴剤

入浴剤も乾燥肌に良いと言われるものが市販されていますが、
それらは使用するのはやめました。

個人差もあるのでなんとも言えませんけど体に合わない場合が多いので。

・体を洗うタオル

綿や絹のタオルなら肌にも優しいといいますが、
そういったものは使わずに手で洗います。

・洗濯洗剤

洗濯の洗剤を合成洗剤から石鹸洗剤に。
これは主人も痒みが減ったと言ってました。

それを聞いて洗剤ひとつでもずいぶんと違うものなんだと思いましたよ。

洗剤は皮膚にしみこむということも知りました。

楽天 arau.(アラウ) 洗濯用せっけん>>>

・服装

冬といえばここ近年流行っているのがヒートテックですが、
あれはどうもダメですね。

基本アウター以外は綿100%です。

ちなみにパジャマも、
寒いのでフリースのような生地ですと、かなりかゆくなります。

・お部屋の加湿

部屋も当然のごとく乾燥します。
湿度計で確認できるようにしました。

加湿には加湿器を使いました。

◆自分の生活習慣が乾燥肌を悪化させる?

物的原因でさけられるなら避けるのがよいですよね。

他にもストレスなどにより痒みを生じたりもしますし、
これらを行ったからといって絶対に痒くなくなるわけではありませんが、

少なくとも可能性や痒くなる機会は確実に減ります。

乾燥肌を悪化させる原因が
自分の生活習慣の中にひそんでいるかもしれません。

そういった事を少しでも変えるだけでずいぶん違うものだというのが私の乾燥です。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事