af7f4ca643311efb03065dbbc4dc7ef9_s

気温が高くなり汗が流れるようになる季節。

一日着た服って嫌な臭いがしますよね。

汗をかいた直後はそんなに臭わないのに、
時間が経つにつれて、だんだんと嫌な臭いがしてきます。

そんな衣類って普通に洗っても臭いがとれていない。。。
なんだかまだ汗臭い?気がする。

とかく日本て臭いにおいては過敏な国ですよね。
最近では「スメハラ」なんてこともあります。

嫌な臭いがしている服を着る気にもなりませんし周りの反応も気になります。

洗濯物の臭いの取り方ってあるのでしょうか?

スポンサーリンク

◆洗濯物の臭い取りについて

臭いの原因はよく勘違いされているのが「汚れ」
もちろん汚れが残っていたりする場合も臭いの原因になりますが、

洗濯後に汗の嫌な臭いが残っている場合の原因は「雑菌」です。

ですからいくら洗濯洗剤を替えようが、柔軟剤の香りを使おうが。。。
根本的な菌をなんとかしなくては臭いは取れません。

そんな臭いを取る方法として最も良いのが「つけ置き」

なんだかんだいってこういった基本的な方法が一番効果があります。

ではそのつけ置きのやり方を説明しますね。

◆洗濯物のつけ置き洗いの方法

漬け込む容器を用意します。

洗濯物の量によりますから、少ない場合は洗面器でやバケツで対応。
しかし洗濯1回分の量がある場合などは浴槽を使用してください。

そこにお湯を注ぎます。
お湯の温度については50度位が理想。

お湯の量としては洗濯物が室借りとつかるくらい必要です。

そこに酸素系漂白剤などを投入します。
分量については1リットルに対して大匙1杯程度。

この時素手では行わないほうがよろしいかと思います。
というのも結構手荒れしちゃいますからね。

ぜひゴム手袋を着用してください。

漬け込む時間は1時間から2時間くらい。

その後軽く絞って洗濯機に入れてすすいだり、洗ったりしてください。

液体の酸素系漂白剤(「ワイドハイター」や「手間なしブライト」等)は
除菌効果が弱いので必ず粉の方を使ってください。

スポンサーリンク

◆普段から洗濯をする時にやってはいけない事

一度ついてしまった汗の臭いなどは
きっちりつけ置きをすることで臭いは取れてくれます。

しかし、また同じように洗濯してしては今後も臭いに悩まされることになります。

そのためにも洗濯物に臭いがつかないよう予防が必要です。

①洗濯前の洗濯物の保管方法

汗の染み込んだ洗濯物を脱いだらどこに保管しますか?
すぐに洗うならば良いですが洗濯物ってそこそこ溜まってから洗濯しますよね?

洗濯物を洗濯機の中に入れておいたり、

湿ったまま通気性の悪いカゴなどに入れて置いてあったりしませんか?

もしそうならば原因はそこにもあります。

通気性が悪い場所で皮脂などの栄養がある場合に雑菌が増えるには好条件。

雑菌が増殖して臭くなります。

ですから洗濯前の衣類などはなるべく通気性の良いカゴにいれてください。

汗をかいた後の衣類は特に湿っていますからね。

②洗濯機のカビ掃除

洗濯物はそんなに臭わなかったのに、洗濯後に臭う場合がなんてことも。
そういった場合は洗濯機のカビが原因である場合も。

カビや雑菌が洗濯槽から衣類に移ってしまうので、

洗濯機用のカビクリーナーを使って定期的に掃除してください。

③一度に洗濯する量

めんどくさいからとついついたまりがちな洗濯物。

たまった洗濯物を一気に全部洗濯しようとしていませんか?

洗う衣類が多いと当然洗いやすすぎが不十分になり汚れが落ちにくいです。
その汚れに雑菌が繁殖することで臭いの原因になったりするのです。

洗濯物は表示されている量の8割程度で少なめに洗ってください。

④洗濯機の中に放置

洗濯したのはよいんですけど。。。

干すの忘れた。。。なんてことありませんか?

脱水状態のまま放置することで雑菌が繁殖します。

⑤すすぎの回数

洗濯物のすすぎって水もったいないですよね。。。

でもしっかりすすがないと洗剤とともに汚れも残ったりしますからね。

洗濯物の多くは当然のごとく水分を吸い込んでいます。

洗った場合汚い汚れた水も吸い込んでいます。

この汚い水をキレイにするのがすすぎでもありますから、
すすぎを節約することで汚れが残ってしまう場合がありますから

しっかりとした「すすぎ」が必要です。

◆まとめ

洗濯物について臭いの取り方を紹介しましたが、
そうなる前にも予防策として

[su_note radius="5"]①洗濯前の洗濯物の保管方法
②洗濯機のカビ掃除
③一度に洗濯する量
⑤すすぎの回数
[/su_note]

などに気をつけて臭い防止に努めてくださいね。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事