c6a03b2b1d39bf1b8d1d268ef58a3289_s

結婚のお祝いに品物を贈るということは
生涯においてもそうそうたくさんあることでもなく、

また、

時期や年齢からみてもやはり人生のうちの一部。

しかし、そんな結婚に関する習わしについては、いろんな決まりがありますよね。

結婚祝いの贈物に関してもやはり決まりやマナーがあります。

贈り物につけるのしについてのマナーとは?

スポンサーリンク

◆どんな「のし」を使用すれば良いの?

・水引

水引ついてですが、

まず水引とは、贈り物の包み紙などにかける和紙でできたヒモのようなもの。

その結び方に注意してください。
結婚のお祝いの贈り物に使う「のし」は「結びきり」です。

結婚祝いの場合「蝶結び」はマナー違反になります。

「蝶結び」
choucho

「結びきり」
kiri10

・どうして「蝶結び」はマナー違反なの?

蝶結びはスニーカーとかですと、
何度も結んだり解いたりできて便利なのですけど、

何度でも結び直しできるのは「何度も結婚する」という意味合いになります。

せっかく結婚するのに「何度でも大丈夫」なんておかしいですからね。
結婚は決してほどけない結びきりという結び方にします。

・水引の本数

結婚祝いは結び切りが10本になります。
同じような結び切りでも5本の物もありますが快気祝いなどで使用します。

・なぜ10本なのか?

水引きが10本である理由は結婚は両家、つまり2つの家が合わさる事です。
水引も5本と5本の赤白2色が合わさることで結婚を表しているのです。

・水引の色

ちなみに色ですが紅白はお祝いごと一般につかわれますし、
金銀でも同様に結婚祝いの場合に使用されます。

◆のしの表書き、つまり書き方について

のしの表書き、つまり書き方についてですが、
名前は自分の名前を書いてくだい。

相手(もらう側)の名前を書く必要はありません。

・「のし」の上側

「寿」
「御祝」
「御結婚祝」

・「のし」の下側

贈り手(自分)の氏名をフルネームで書きます

omotegaki

スポンサーリンク

◆「内のし」「外のし」どちらにすればいいの?

・内のし

内のしとは品物に直接のしを貼り、その上から包装紙で包むこと。

つまり包装を解くことで初めて
誰からのどういった贈り物なのかが分かります。

・外のし

外のしとは包装紙で包んだ後、のし紙を貼ること。

外のしの場合は
受取る時点で誰から、そして、どのようなの意味合いの贈り物かがわかります。

結婚祝いの場合は「内のし」「外のし」どちらにすればいいのかですけど、
地域によっての風習があります。

・関東は外のし
・関西は内のし

と言われています。

ですが。。。これと言って決まっているわけではありません。

一般的に好まれるのが「内のし」です。

もともと結婚祝いの贈物は手渡しが通常で、
この場合「のし」が見える形で渡すのがマナーなので「外のし」なのですが、

今では宅配便が主流になりました。

この場合ですと「外のし」にした場合、
伝票がついたり配送途中にボロボロになることも。。。

ですから「内のし」が一般的に好まれるようになりました。

宅配便の場合「宛名」があり、誰からの贈り物であるかわかりますからね。

◆まとめ

結婚祝いの贈物の「のし」

・水引の本数10本
・結び方「結びきり」
・色は紅白でも金銀でもOK
・表書きは「寿」「御祝」「御結婚祝」
・氏名はフルネーム
・宅配便なら「内のし」が汚れない

細かいことがよくわからない場合でも、

品物を購入するお店で
「結婚祝いに贈る品物でのし紙つけてください。」といえばまず大丈夫です。

スポンサーリンク
関連記事
おすすめの記事